かにの上手な食べ方 | 外で食べてもお取り寄せも美味しい、豪華なグルメ

かにの上手な食べ方

たらば蟹の解体

かにのさばき方にはコツがあります。
お店で食べる時はキレイにカットされた状態で来ます。
しかし、通販サイトなどでかにを購入した場合などは話が別です。
通販サイトの多くはかにそのものの形のまま送付します。あの独特の形状を自分たちで解体して、美味しく食べられるようにしなければなりません。
通販サイトでも、かにの身を解体した殻むき済みのカニポーションという商品があります。
解体が面倒な場合は通販でカニポーションを購入するのも良い方法です。

ずわい蟹の解体

たらば蟹はまず、裏返しにして、甲羅の裏部分にあたる箇所の「ふんどし」と呼ばれる三角形の部位を切り取ります。
「ふんどし」をめくるように持ち上げると簡単に切り離せるので、「ふんどし」を切り取ったら、次はその開いた穴部分からハサミを入れて、たらば蟹を真っ二つに切ります。
甲羅と2つに割った胴体が出来ます。
その後は方と足部分を関節から切り離していきます。
方にはエラが付いているので、はさみ切り取っておいた方が食べやすいです。
足部分などは、縦にすっと切り目を入れておくと食べやすくなります。

ずわい蟹も「ふんどし」を取るまではたらば蟹と同様ですが、腹を割った所で、甲羅部分に蟹味噌を落とすと無駄なく蟹味噌を味わえるのでおすすめです。
後はたらば蟹のように、胴体を分けて行く方法で解体は修了ですが、ずわい蟹は甲羅盛りと言われる食べ方もあります。
甲羅部分に蟹味噌を含む全ての具を入れてしまう方法です。
小さいお子さんやお年寄りには食べやすい方法です。
甲羅盛りは、解体した後、全ての身を一旦全て殻から分解し、蟹味噌ごと甲羅の中に入れてしまえば完成です。

通販で購入する事の出来るかには様々なものがあります。
多くの承認には、購入した際に食べ方の説明書きが付いているので、それを参考にするのも良いです。